大阪・京都・神戸対応の雨漏り調査・漏水調査は明愛カンパニー|雨漏り修理を大阪から京都・神戸まで対応してます。

明愛カンパニー株式会社 一般社団法人全国雨漏検査協会会員 雨漏りのご相談はフリーダイヤル0120-328744

雨漏りについて

雨漏りの原因、悩み

雨漏りの確認をしてみよう

写真による雨漏りの紹介

雨漏り調査Yes-No診断

雨漏り調査について

雨漏り調査について

雨漏り調査の特色

雨漏り調査の方法

雨漏り調査の作業風景

ご依頼から調査までの流れ

雨漏り調査のQ&A

給排水管 漏水調査について

お客様の声

所属協会のご紹介

調査重要事項説明書

雨漏り調査年間実績

雨漏り改修工事

カレンダー

Informations

会社概要

代表者のご挨拶

個人様のお問い合せ

法人様のお問い合せ

【対応地域】

大阪府
大阪市(都島区,北区,中央区,福島区,西淀川区,淀川区,東淀川区,旭区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,浪速区,港区,大正区,西成区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区,西区,此花区,阿倍野区)
寝屋川市、枚方市、交野市、高槻市、大東市、四条畷市、門真市、守口市、東大阪市、茨木市、高槻市、摂津市、箕面市、池田市、吹田市、豊中市、八尾市、 松原市、藤井寺市、柏原市、羽曳野市、堺市、大阪狭山市、
富田林市、泉大津市、和泉市、高石市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、岸和田市、熊取町、阪南市、岬町、田尻町、忠岡町、河内長野市

兵庫県:神戸市、西宮市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、加古川市、姫路市など
京都府:京都市、亀岡市、木津川市、京田辺市、長岡京市、宇治市、八幡市など
奈良県:奈良市、生駒市など
和歌山県:和歌山市、田辺市、御坊市など
滋賀県、三重県

その他の地域も対応可能な場合がありますので、お問い合わせ下さい。

エルニーニョ・ラニーニャ現象とは

ご自宅や所有物権の雨漏り被害に悩まされている方は、ほとんどが天気予報も気にするようになります。雨が降るたびに「また雨漏りするのではないか」と気が気でなくなる方も多くいらっしゃることと思います。
年間を通して特に降水量が増える梅雨の時期などとは別に、年間を通して日本の降水量に大きく影響すると言われている異常気象があり、それをエルニーニョ現象・ラニーニャ現象と呼びます。


日本に雨が降るメカニズム

そもそも日本列島に雨が降る原因は、太平洋全域の海流と風の流れが大きく関係しています。南米大陸沖には常に貿易風と呼ばれる東風が太平洋側に吹いています。それに加えて南米大陸の深海からは水温の低い水が湧き上がっています。すると、下からの水と東からの風によって、比較的水温の高い海面付近の水が西側に押し流されていくという現象が発生します。水温の高い海水はインドネシア諸島で陸にぶつかって、夏の黒潮や親潮、または風の流れによって日本まで運ばれてきます。その間に海面の暖かい海水は蒸発し、雲が出来やすくなって雨が降るという仕組みです。
また、近年は都市部のヒートアイランド現象によるゲリラ豪雨で、都市部の雨漏り被害も多くなっています。

エルニーニョ現象・ラニーニャ現象のメカニズム

エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、どちらも風や海水温のバランスが崩れた時に起こる現象です。東風(貿易風)が例年より弱い時に海水温の高いエリアが通常よりも東に寄ると、小笠原諸島近海で雨が降りやすくなります。これがエルニーニョ現象です。ラニーニャ現象はそれとは全く逆の現象で、東風が例年より強い状態です。インドネシア近海の海水温が例年よりも高くなり、より積乱雲が発達しやすくなります
どちらも発生すると翌年の同じ時期まで約1年間続くため、季節を問わず年間の降水量に大きく関わってきます。

日本の気候に与える影響

エルニーニョ現象・ラニーニャ現象が起こった場合の影響は、気象庁の統計データに傾向として表されています。例えばエルニーニョ現象では、発生した年の3〜5月は西日本で雨が多い傾向にあり、6〜8月頃になると北日本・東日本を含めて例年より降水量が多くなります。逆に沖縄・奄美地方は極端に降水量が少なくなります。9〜11月頃には北日本の太平洋側で、12〜2月頃は沖縄・奄美地方でそれぞれ降水量が極端に多くなる傾向にあります。

エルニーニョ現象・ラニーニャ現象は春に発生し、3〜5月は西日本全域で降水量が増える傾向にあるため、検査やリフォームはなるべく冬の内に済ませておく事をおすすめします。

戸建て・マンション問わず雨漏り被害は発生いたします。鉄骨・鉄筋コンクリート建築でも老朽化によってひび割れがあると被害を受けやすくなりますので、定期的な検査が必要です。
弊社は大阪を拠点に関西全域で雨漏り検査を承っております。

Page Top