大阪・京都・神戸対応の雨漏り調査・漏水調査は明愛カンパニー|雨漏り修理を大阪から京都・神戸まで対応してます。

明愛カンパニー株式会社 一般社団法人全国雨漏検査協会会員 雨漏りのご相談はフリーダイヤル0120-328744

雨漏りについて

雨漏りの原因、悩み

雨漏りの確認をしてみよう

写真による雨漏りの紹介

雨漏り調査Yes-No診断

雨漏り調査について

雨漏り調査について

雨漏り調査の特色

雨漏り調査の方法

雨漏り調査の作業風景

ご依頼から調査までの流れ

雨漏り調査のQ&A

給排水管 漏水調査について

お客様の声

所属協会のご紹介

調査重要事項説明書

雨漏り調査年間実績

雨漏り改修工事

カレンダー

Informations

会社概要

代表者のご挨拶

個人様のお問い合せ

法人様のお問い合せ

【対応地域】

大阪府
大阪市(都島区,北区,中央区,福島区,西淀川区,淀川区,東淀川区,旭区,城東区,鶴見区,東成区,生野区,天王寺区,浪速区,港区,大正区,西成区,住之江区,住吉区,東住吉区,平野区,西区,此花区,阿倍野区)
寝屋川市、枚方市、交野市、高槻市、大東市、四条畷市、門真市、守口市、東大阪市、茨木市、高槻市、摂津市、箕面市、池田市、吹田市、豊中市、八尾市、 松原市、藤井寺市、柏原市、羽曳野市、堺市、大阪狭山市、
富田林市、泉大津市、和泉市、高石市、貝塚市、泉佐野市、泉南市、岸和田市、熊取町、阪南市、岬町、田尻町、忠岡町、河内長野市

兵庫県:神戸市、西宮市、芦屋市、尼崎市、伊丹市、川西市、宝塚市、加古川市、姫路市など
京都府:京都市、亀岡市、木津川市、京田辺市、長岡京市、宇治市、八幡市など
奈良県:奈良市、生駒市など
和歌山県:和歌山市、田辺市、御坊市など
滋賀県、三重県

その他の地域も対応可能な場合がありますので、お問い合わせ下さい。

雨漏りしやすい家の特徴

見た目はほぼ同じようであっても、雨漏りする家と全く起こらない家があります。その違いとはどのようなものなのでしょうか。雨漏りの原因で多いのが建物の老朽化ですが、古いものが必ずしも雨漏りするわけではありません。雨漏りしやすい家の特徴をいくつか挙げてみます。


デザイン重視

実は、比較的新しい住宅で雨漏りが発生するケースが増えています。最近の住宅は、新築でもリフォームでもデザイン性を重視する事が多くなっているからです。デザインを重視して建てた家は、機能面において弱点を持つ可能性があります。新築だからといって雨漏りが起こらないわけではないのです。

屋根の形状が複雑

棟違い屋根、段違い屋根など複数の形状の屋根を組み合わせている建物は雨漏りが起こりやすくなります。この「組み合わせ部分」は雨漏りの原因となりやすいため、屋根の形状が複雑になればなるほど雨漏りの危険性も増していくのです。

軒が短い

日本は雨の多い国なので、以前は軒の出を大きくした家を建てる事が一般的でした。ところが現在では、隣家との距離が狭い、建築費の削減、建築士のこだわりなどの理由で、軒を短くしたりあるいは全く出さ
ない住宅が増えています。
軒が短いとそこに雨が吹き込むようになります。壁が汚れやすくなり、カビや苔が生え、見栄えが悪くなるというデメリットも。軒は、少なくとも30cm〜45cm程度確保すべきだと思います。

バルコニー

バルコニーのない家のほうが珍しいですが、実はバルコニーには雨漏りの原因になりやすい箇所がたくさんあります。その中でも特に多いのがバルコニーに出入りするための大きなサッシまわりです。バルコニーにテラスを取り付けていればサッシに直接雨が吹き込むことがありませんので、それだけで雨漏りの可能性はぐっと低くなります。床面の防水層も傷ついたりすると雨漏りの原因となるために要注意です。

これまでの弊社の検査データから、雨漏りの原因となる箇所にはある程度の傾向があり、それが上記のような特徴の建物に多いことが分かっています。
しかし中にはこの特徴に当てはまらない雨漏り原因ももちろんあります。その場合は建物を一つ一つ細かく検査する必要があり、原因箇所を特定することはとても難しいのです。
弊社は、年間100件以上の豊富な検査実績による経験とノウハウを活かし、雨漏りトラブルを解決します。木造・鉄骨造・コンクリート造・戸建・マンション・大型商業施設など、どのような構造や立地条件の建物でもお任せ下さい。

Page Top